「Epigno病棟ナース」を10施設に無償提供開始

現在開発中の「Epigno病棟ナース」を、 医療崩壊の対抗ツールとして10施設に限り無償提供致します。
昨年末より発生した新型コロナウィルス(COVID–19)は、 日本でも更なる感染拡大が懸念され、 「医療崩壊」の危機にあることが多くのメディアで報道されております。 弊社では「医療崩壊」の危機への対抗策として、 「Epigno病棟ナース」を10施設に無償提供を致します。 これにより、 医療従事者、 特に看護師が可能な限り感染を予防して患者を診察・ケアできる体制づくりが重要だと考えております。

「Epigno病棟ナース」には、 医療崩壊の危機への対抗できる機能として以下の3つの機能を有します。 この機能により、 医療現場のリソースの最大化、 感染のリスクの軽減、 ストレス回避が期待できます。

【問合せ先】

 弊社ホームページの「お問い合わせ」のフォームより、 お問い合わせ下さい。

【無償提供の条件】

 無償提供の期間は3ヶ月を想定しております。

 ご希望の病院様のシステム状況等によって、 導入期間等の調整が必要になりますので、 ご施設の状況をお聞かせ頂いた後、 ご提案申し上げます。

Epigno病棟ナースの詳細については、こちらより確認できます。
【COVID-19】 Epigno病棟ナース無償版提供のご案内.pdf
PDFファイル 1.0 MB